バスケットボールと身長

国内ではそれほどプロシーンが有名な競技ではありませんが、多くの人が学校の授業やクラブ活動でやったことがある競技なのが「バスケットボール」ではないでしょうか。
漢字で籠球と書くことからも分かるように、高いところにある籠状のゴールにバスケットボールを入れることによって得点になる、という競技のことを言います。
さて、簡単に「高いところにある」と書きましたが、実際のところバスケットボールのゴールというのはどのぐらいの高さにあるのでしょうか。

バスケットゴールの高さは公式ルールによって決められており、公式戦においてはこの高さのゴールが利用されることになります。
高さは305センチで、ゴールの内径は45センチと定められています。
つまり、3メートル近い場所にあるゴールに対してゴールを決めなければならないわけです。
男子の平均的な身長が170センチ台中盤から後半であるとしても、少なくとも130センチほど跳躍しなければ手が届かない高さにある、ということになるでしょう。

こういった性質を持っていることから、バスケットボールは全体として「身長の高い人」に適しているスポーツであることは間違いありません。
実際、アメリカのプロバスケットボールシーンなどを見ていると、巨人と見まごうような身長の人がプレイしているのを見かけます。
では、実際問題身長が低い人では、このバスケットボールを存分にプレイすることはできないのでしょうか。
以下のページで紹介します。



≪SPECIAL LINK≫
国内での販売実績75,000着以上にのぼるリバーシブルのバスケユニフォームを販売している業者です … バスケ リバーシブル